住宅ローンを組むと消費税増税で現金給付がもらえる?

2014年4月から実施された消費税増税による住宅購入者の負担を減らすために、住宅ローン控除の拡充と同時に導入された制度に「すまい給付金」があります。
この制度は、一定以下の年収の人が住宅ローンを利用して消費税が8%の住宅を購入、または新築する際に最高で30万円の現金が貰えるというシステムです。
給付金の額は、同じ年収でも家族構成によって違ってきます。
例えば、妻が専業主婦、子供が16歳未満の場合、年収425万円以下で30万円、425万円超475万円以下で20万円、475万円超510万円以下で10万円ですが、子供が16歳以上だと476万円以下で30万円、476万円超522万円以下で20万円、522万円超558万円以下で10万円となっています。