Suicaの様々な可能性とは?

SuicaがJR東日本のICカードとして採用されて10年以上が経ちます。
すでに私たちの生活とは切り離すことができないツールとなっていて、ICカードを持つ人も年々増加しています。
またSuicaが登場してから、全国の鉄道事業者も後を追うように同様のカードを発売しています。
首都圏私鉄のPASMOや東海地区のTOICAなどがその一例です。
さらに近年このようなカードは、チャージをして鉄道に乗ることができるだけではなく、様々な用途にも利用できるようになっています。
例えば駅ナカのコンビニでの支払いです。
鉄道の改札と同じようにタッチするだけで、レジでの支払いが完了するのです。
また、社員証や学生証と一体になったSuicaも導入されています。
加えて、JR東日本の一部路線にあるグリーン車自由席も、ICカードを利用して乗れるようになっています。
従前のように紙チケットを買うことなく、タッチによって認証をする仕組みです。
Suicaオートチャージの定期券?リンク設定やモバイルで活用する